読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前向きネガティブ

月の手取りは15万円です。

【体験談】PLEMO立体型アイマスクの熟睡感がすさまじい、二度寝しなくなった

暮らし

PLEMO立体型アイマスク

 

PLEMOのアイマスクを購入したが、睡眠後のすっきり感がすごい。

 

正直、アイマスクで睡眠の質が上がるなんて眉唾ものだと思っていたが、実際に体験してしまうと逆にアイマスクなしでは眠れなくなった。

 

この記事ではPLEMO立体型アイマスクの感想を書いていく。ぜひ、参考にしてほしい。

 

 

 

人間の睡眠は無意識のうちに妨害されている

よくきく話だが、人間は無意識のうちに様々な刺激にさらされている。例えば光や音などだ。睡眠中でもそれは例外ではなく、刺激を受けると睡眠が浅くなってしまう。

しかし、無意識なので多くの人間は気づかないのだ。こういった刺激のうち、視覚的なものをシャットアウトするのがPLEMOのアイマスクである。

 

ぴったりとフィットして遮光してくれる

PLEMOのアイマスクは目の周りを包み込むようにフィットする形になっているので、光が一切入ってこない。

ひもにはゴムとマジックテープが使われているので、広いサイズにフィットする。PLEMOの驚くところの一つは、ぴったりとフィットするが圧迫感もなにも感じないというところだ。不快感は一切ない。不快感なく、光をシャットアウトしてくれる。

 

コストパフォーマンスは高い

PLEMOのアイマスクは大体1200円ぐらいである。 

 

これを高いと思うか、安いと思うかは人それぞれだと思うが、私は安いと思うし、1200円としてのコストパフォーマンスは高いと思う。

これ一つで毎朝快適に、二度寝せずに自己嫌悪感なく起きれるのならこんなに安いものはないと思う。睡眠の効率が上がったので、休日の睡眠時間が1時間ほど確実に減っている。二度寝は効率が悪いとはっきりと感じた。

 

 

生地がはがれたが液体のりで修復したら何も問題がなかった

2か月ほど使っていたら、ちょっと生地がはがれ始めていたのを発見した。レビューを見ると、そういう口コミが多くあったが、液体のりを注意深く使えば、違和感なく使用できる程度であった。

生地が広くはがれてしまっていると、この方法は使えないかもしれない。しかし、少しぐらいなら液体のりで何とかなるようだ。

 

洗濯はできないのでドライヤーで乾燥させている

洗濯してしまうと生地が一気にはがれてしまう可能性が高いので洗濯はできない。顔につけるものを洗濯できないのはちょっと残念である。

そういうわけで、私はちょっと手で洗って、定期的にドライヤーでまとまった時間乾かしている。 別に使用に影響はなさそうである。形が劇的に崩れるというのも今のところない。

 

ゴムは伸びるがマジックテープの幅が結構あるので問題はなさそう

ひもはゴムにマジックテープがついている作りになっている。ゴムは確かに使っているとどんどん伸びてしまう。 しかし、マジックテープの部分が結構広いので今のところ使用に影響はない。

買い替えなども考えていない。仮にゴムが伸びてしまったとしても、その部分だけ切って、あとから別のゴムを縫い合わせたり、自分で工夫すれば解決する話だとも思う。

 

今まで休日は二度寝していたが二度寝しなくなった

今まで私は休日は必ずといっていいいほど二度寝していた。しかし、このアイマスクで自然に気持ちよく目覚めることができるようになった。結果、二度寝を一度もしていない。

二度寝は確かに気持ちいいが、そのあとの睡眠は浅くなるし、起きた後の「やってしまった…」という自己嫌悪感もひどい。

二度寝がなくなり、睡眠の効率が上がり、休日の睡眠時間は1時間は確実に減った。しかし、熟睡感はアイマスクを使う前より明らかに上がっている。非常にお勧めしたい商品である。

 

 

 

こんな記事も書いています、知らない間にたまるストレスとその発散方法について書いた記事です。

 

akkeyplus.hatenablog.com